新メンバーインタビューー 新本詩穂さんの巻

秋風が身にしみます

かばきちです。

ハロウィーンが終わって11月です。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

さて、そんな中、ちえのわに新しいメンバー(人間です!)が加入しました。
「どれどれ」という訳で、軽くインタビューをしてみましょう。

「新本です!」

 

看護師の新本詩穂(しんもとしほ)さんです。

 

 

 

 

 

 

かばきち:休みの日はどんな風に過ごしてますか?

新本:1人でゆっくりするときは海外映画を見てます。SFとかファンタジーとかサスペンスとか。好きな作品は『羊たちの沈黙』かな。あとはドラマですね。医療ものと後はやっぱりサスペンスやミステリーですね。それから音楽。aiko、星野源、椎名林檎なんかをよく聴きますね。戦闘モードに入るときは椎名林檎です(笑)。
もちろんお出かけもします。家族や友人など大切な人と色々な場所に行きます。

かばきち:カバの次に好きな動物を教えて下さい。

新本:(カバはシードですか…)
ネコ!いつか飼いたいと思っています。ちなみに家ではインコを飼っています。卵が孵化して最高12羽まで増えましたが今は2羽です。

かばきち:ちえのわのいいところはどんなところですか?

新本:アットホームな雰囲気で笑顔のたえない場所であるところ。あとは患者さんと同じ目線で気持ちをしっかり聞いて一緒に考えていくという治療方針です。

かばきち:ちえのわでやりたいことを教えて下さい。

新本:たくさんの方のお力になれるよう、看護師として、一人の人間として、できることを一つでも多く見つけようと思っています。
看護師の私一人だけでも患者さんと関わることのできる機会を見つけていきたいと思っています。

 

新本さんが来てちえのわが3倍ぐらいにぎやかになりました。山田さんも引っ張られているようです。これからのちえのわがいよいよ楽しみですね。
現場からは以上です。

イノベーションの秋です

 

さいきちです。補足します。

 

 

 

 

 

初めて訪れた患者さんに医師の診察の前にあらかじめ話を聞く、という予診を新本さんに担当していただいています。特に、患者さんと話し合う中で「その方が何を求めてちえのわに来られたのか」という「受診理由」を明らかにすることを重視しています。初回診察の限られた時間を最大限に活かすために予診は重要です。

これは手始めの仕事です。これからどんどん活躍の場が広がって行くと思います。